驚くようなビジュアル体験を。

製品・サービスの発信には、キャッチコピーや文章だけでなく視覚的に訴える要素が欠かせません。
ウェブサイト・SNS・カタログ・チラシ・広告などに使用する静止画や動画の制作を行います。
3DCGを活用すれば現実ではあり得ないシーンや既存の製品、建物だけでなく、
実際にプロダクションに入る前の対象をリアルに視覚化することができるので、
プロジェクトのローンチ前の市場調査にも活用できます。

3DCGモデル制作
3DCGモデルは製品やサービスの開発前からリアルな検証を可能にする、強力なコミュニケーションツールです。プロジェクト認証前に製品の方向性を確認したり、3DCG空間であれば天候、日の光などに左右されずに自由なイマジネーションを解放できます。制作した3DCGモデルを現実の光化学計算をベースとした映像化を行うことで、よりリアルなビジュアルを制作することができます。静止画だけでなく、動画の制作も可能です。

写真撮影・ムービー・動画制作
様々な媒体で使用する写真・動画の撮影を行います。製品や建物のみならず、モデルを使用したスチルイメージなど、様々なシチュエーションでの撮影を行います。雰囲気のあるムービーや、息つく暇もないようなエキサイティングな映像、企業・製品・サービス紹介動画や、スマートフォンへの対応を考慮した、短い時間で対象の魅力を最大限に伝える縦長動画を制作します。3DCGモデルを利用した映像制作も可能です。

3DCGを活用するとこんなことができます。

時代・環境とともに、
柔軟に適応するブランド力を。
目まぐるしい速度で変化する環境や新技術など、ブランドが生み出された時には考えもしなかった様々な要因に対して、柔軟に適応できるブランド力が求められています。柔軟なブランド力とはブランドそのものが持つ概念や本質を変えずに、移り変わる環境や新技術に対して柔軟に適応し、時代や世代を超えて人々に愛される力のことです。

シチュエーション
製品や建物だけをイメージ化しても、リアリティが無ければ説得力がありません。3DCGに様々なプロップを配置することで、よりリアルで説得力のあるイメージを制作します。

現実に限りなく近く
現実に存在する素材に限りなく近い表現を施すことで、違和感の軽減と高い没入感を与えます。リアルな視覚情報は説得力があり、伝えたい情報に集中してもらう基盤となります。

カットモデル
製品の構造をわかりやすく伝えるためのカットモデルを3DCGなら容易に視覚化することができます。プロダクションチームとマーケティングチームの情報共有や、インパクトのある広告イメージを制作できます。

PAGE TOP